2018年6月15日金曜日

【自己ブランディング】入社2年目社員、タグライン決定!

こんにちは、マインドシェア新卒採用担当の大谷です。

今回は入社2年目の社員の「タグライン」を紹介します。
先日決定したばかりの出来立てホヤホヤです!

タグラインとは?


ブランドの特徴を一言で表す言葉のこと。

マインドシェアの社員は、社員一人一人のブランド化を目指し、自己紹介とともに、自己ブランドを伝えられるよう、名刺に社員それぞれのタグラインを印刷しています。

1年目は全員が「丁稚」。先輩の仕事を見て学ぶ一年。仕事を覚え、自分の強みや役割ができてきたとき、2年目に自身のタグラインを決定します。

 「虎の穴」


入社2年目/女性/兵庫県出身
リサーチ&コンサルティング室所属

【1】タグラインの決定の経緯・由来

虎の穴とは、ただの養成所・訓練所ではなく「厳しさと専門性を持った訓練所」といった意味が込められています。

私は学生時代に留学をした経験があるのですが、そこで身につけた「新しい世界に飛び込む度胸」を引き続き活かして、これからもリサーチのセンスや専門知識を身につけ、成熟した立派な「虎」に成長できるように日々頑張ります。

【2】これから頑張っていきたいこと

虎の穴での生活も、もうすぐ1年が経とうとしています。

配属してすぐは、右も左も分かりませんでしたが、一連の業務を通じて定性データの分析や解釈といった業務において、徐々に自分の力を発揮できるようになってきました。

人の話を引き出したり、心情を理解するのはもともと得意分野です。自分の強みを活かし、誰にも負けない得意技にしていきます。

また、苦手意識のある他のリサーチ分野に関しては、日々地道な鍛錬を重ねて着実な素養を作り、レベルアップを目指します。

「ベスト of ベスト」


入社2年目/男性/千葉県出身
リサーチ&コンサルティング室所属

【1】タグラインの決定の経緯・由来

「ただの調査で終わることなく、その中でもお客様にとってのベスト価値を見出し、提供していきたい」という想いから決定しました。そのためにもまずは私自身がベストを尽くします。

因みに私は入社以降、仕事の時は春夏秋冬いつでもベストを着ています。脱いでいると社内がざわつくので、買い足し続けて先日15着になりました。

ベスト(を着た人)のベスト(全力)をお見せしましょう。

【2】これから頑張っていきたいこと

外見がベストなだけではなく、仕事の中身も真にベストなものを常に提供していきたいです。

「ベストを着たベストな価値を提供する奴」という2重の意味がありますが、まだ「ベストを着た奴」という認識の方が強いと思っています。

社内社外問わず、「ベストを着ている奴」ではなく「ベストな価値を提供する奴」という認識になるように日々精進します。

身を引き締めるためにも、今後も季節や気温に関係なく、常にベストは着続けます。


このタグラインを見て、自分のキャラクターやブランド・価値が、入社1年を経て、徐々に分かってきたのかなと感じています。

皆さんもマインドシェアに入社したら「自分ならでは」のタグラインを考えることになります。

自分が何を約束できるか、何が出来るのか、どうなりたいのか。
ぜひ想像してみて下さいね!

0 件のコメント:

コメントを投稿