2017年5月25日木曜日

今年の新入社員に聞きました! <第3回・昨年の選考>

新人ブログプロジェクト第3回目は、「昨年の選考について」、泉谷さん・岸田さん・瀬崎くんに質問していきたいと思います。

自分自身が納得する会社選び


司会 「皆さんが選考の中で印象に残ってることは何ですか?」

スベるのが致命傷
とりあえずワラってね 泉谷です
泉谷 「まず、最初の説明会でピンと来たんですよね~。地域にあるものを多くの人に知ってほしい、そのためにはどんな貢献ができるんだろう、とずっと考えていました。何気なく参加したマインドシェアの説明会で、それをマーケティングでできることを知り、目から鱗でした。」

司会 「説明会でマインドシェアとの相性を確認したんですね。泉谷さんはその説明会から既にアプローチを始めたとか・・・」

泉谷 「説明を聞いている段階で、もうここだ!と思ったので、説明会の直後に社員の方にアタックしてアドレスを教えてもらいました(笑)」

岸田 「私も同じ感じですね。2月末にこの会社のインターンに参加したんですけど、私は大学のときに食品科学の勉強をしていて食品メーカーを最初見ていたのですが、マインドシェアには食品チームがあり、食品メーカーをクライアントに、商品開発のサポートやプロモーションのサポートをしていることを知り、この会社いいなと思って会社訪問をして、当時3年目の先輩にいろいろお話を伺いました。」

司会 「瀬崎さんは、どうでしたか?」

瀬崎 「実は、説明会が人事の方と1対1だったんですよ。そこで根掘り葉掘り聞いていました。マインドシェアの社員の人って本当に何でも答えてくれるんですよ。そこでの会話で、マインドシェアこそが自分が携わりたい仕事だと確信できました。」

悪玉コレステロール
やっつけます
岸田です
岸田 「私も先輩に質問した時に、的確に答えてくれたのが印象的でした。まだ若手の先輩なのにキラキラして見えて…今憧れている先輩の一人です!」

面接は自分が何者であるかをプレゼンする場


司会 「みなさんも憧れられるような先輩になってくださいね。ところで、最終面接の様子はどうでした?」

泉谷 「社長と専務が揃っていたので、緊張しました。。でも、今まで自分がしてきたことや、社会に出たらこういうことをしたい!ということなどをしっかり伝えて自分らしさをアピールできました!」

瀬崎 「自分らしさ、いい言葉ですね~!!!!」

岸田 「いきなりどうしたんですか!?笑」

瀬崎 「実は僕、この会社に受かるまで、すでに100社ぐらい落ちてるんですよ。」

一同 「えーーっ!?」

瀬崎 「役員面接までは行くんですけどね。人物イメージに合わないって言われてしまって…」

岸田 「具体的には何て言われるの?」

健康意識高め!女子力高め!!
瀬崎です
瀬崎 「日用品の企業を受けたときに、『真面目で努力家だけどもっと明るい学生が欲しい』って言われ、次の製薬会社の面接のときに“明るくて元気のある学生”を振る舞っていたら今度は『もっと真面目な子が欲しい』と言われました…。それ以降、面接では無理に自分を作ろうとせず、等身大の自分を見せるようにしましたね。」

泉谷 「瀬崎くん、尖ってますからね~」

瀬崎 「でもそんな等身大の僕を良いって言ってくれたのがこの会社でした。自分らしく勝負できる会社、ひとりひとりの個性を大切にし、良い部分をきちんと評価してくれる会社だと思っています。」

司会 「就活のときだけ自分を飾っても、実際に入社したときに会社側も、そして自分自身にもギャップが生じますよね。自分がどんな人間なのか、会社に入って何をしたいのか、しっかりと自分を見つめることが大切ですね。瀬崎くん、泉谷さん、岸田さん、ありがとうございました。」

3人の話から、選考の途中で社員に積極的にアプローチしていたり、着飾らない自分らしさで面接に挑んでいたことが分かりました!
マインドシェアに入社したいと思っている学生の皆さんは参考にしてくださいね。
次回はいよいよ最後!入社後の会社の印象について語り合います!

0 件のコメント:

コメントを投稿