2017年3月30日木曜日

【プロジェクト紹介】九州でいちばん小さい町に“賑わい”をつくるための魅力あるまちづくり総合プロデュース

先週末、福岡県吉富町の駅前にて「よしとみ GARE de FESTIVAL」を実施しました。

オープニングイベント(チャレンジショップ鍵引き渡し式。右は吉富町のご当地キャラ神民くん)

オープニングイベント(子どもたちによるダンス)

ガールdeマルシェ

チャレンジショップ

吉富町は、九州において面積、人口共にいちばん小さい自治体。
人口の減少による町の存続の危機に直面した吉富町は、魅力あるまちづくりに取り組むプロジェクト「女子集客のまち」を2016年度よりスタートしました。

「駅前にあったらいいな」の店をつくるため、近隣住民にニーズを調査。チャレンジショップ立ち上げによる創業支援、安定的な集客を図るためのマルシェ運営により、吉富駅前に“人だかり”をつくり、まちの活性化につなげています。

今後もマインドシェアは総合プロデュースという立場で吉富町の活性化をサポートしていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿