2016年4月26日火曜日

一日の仕事の流れ(桑田)

今回ブログ更新を担当致しますコミュニケーションマーケティング事業部 住生活・情報グループの桑田です。

私はアシスタントマーケティングディレクターとして、化粧品メーカーを中心に生活商材を担当し、メーカーごとに異なる課題解決のためのマーケティング施策を企画提案~進行まで行っています。

説明会に参加するとよく一日の仕事の流れについて質問されます。実際にどういう働き方をしているのか気になりますよね。一日の仕事はその時抱えている案件によって変わってきますが、とある一日の流れはこんな感じです。

9:15 出社

9:30~ メールチェック、打合せ準備

10:00~ 日用品メーカーへの提案に向けたマーケティングプラン打ち合わせ

11:30~ 新卒採用チーム(社内の有志によるプロジェクト)会議

12:30~ ランチ(会社近くのイタリアンでパスタのセット)

13:30~ 架電(営業)

14:30~ 化粧品メーカーへの提案に向け、プロジェクトチーム内で現状課題の共有と提案の方向性を打ち合わせ

15:00~ 移動

15:30~ 工具メーカーへの提案

17:00~ 移動

17:30~ 事業部会議(進行プロジェクトや業界に関する情報共有)

20:00 退社。同期と軽く飲んで帰宅

“架電”は日々の業務である新しいクライアント獲得に向けてのアプローチです。社会の変化や市場動向を読み、先輩方のノウハウや知見を借りて新たな仮説を立てて担当者へアプローチをしています。試行錯誤しながらのこの時間は、マーケティングディレクターとしてのヒアリング能力向上のための一番の訓練の時間です。

社内に籠って提案書を書くこともありますが、クライアントの課題をヒアリングして案件化することがミッションなので会社の外に出て、お客さまとお会いする時間が長いです。

部署や関わっている案件、またポジションによっても全く異なった時間を過ごしているので、他の社員にも是非聞いてみてくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿